トップ組合・施設組織・施設紹介>クリーンピア沢

クリーンピア沢

 (旧名称)沢第一清掃工場は、平成17年4月1日より、正式名称『クリーンピア沢』となりました。 
 クリーンピア沢以前の旧工場は、昭和47年から25年間、日量400klのし尿を処理してきました。しかし老朽化が進んだため、平成6年から更新工事が始り、現在の新しい施設に変わりました。
建設概要 施設の能力
所 在 地 京都府八幡市八幡沢1番地 処理能力 115kl/日
建築面積 工場棟 2,405u
管理棟  361u
処理方式 標準脱窒素処理方式
+高度処理
総事業費 45億3,200万円 放流水質 BOD 10mg/l 以下
COD 30mg/l 以下
S S 10mg/l 以下
P  H 5.8〜8.6
総窒素 10mg/l 以下
色 度  40度以下
着    工 平成6年8月12日
竣   工 平成9月2月28日

戻る


企画・発信
城南衛生管理組合